娘たちのペットとの出会い

娘が3歳と1歳になった時、ハムスターを飼うことにしました。
子育て中だったので、時間のゆとりもあったし
ペットがいたらもっと楽しくなると思い家族にしました。
しかし、家に迎えた日などの記憶がなく、
家族記念日を作ってあげられなかったことを後悔しています。
娘たちにも、私がペットとのふれあい、教育をうけたように
生きるということを学んだと思います。
エサやり、掃除をしているのを長女が横で見ていたのを思い出します。
小さな体をそっと持てるように、大事にすることを学びました。
その後、ハムスターとのお別れがとても悲しくてすぐには
次のペットという気持ちにはなりませんでした。

娘たちがお世話ができるようになった時、ライオンラビットのミックスの「ミルク」が
出会い家族になりました。


ウサギのお世話が上手にできるようになった時
知り合いが飼えなくなって譲り受けたロップイヤーの「ともみ」が家族となりました。
ミルクと同じ模様でとってもびっくり!!
ようこそわが家へ


ともみは家族になった時から、足回りが汚れていました。
前の飼い主さんが共働きだったからかな?
と一瞬思いましたが、家族なった日にすぐに
おなかが緩くて、とてもかわいそうでした。
次の日に、我が家に来たストレスからかもしれないので
動物病院へ連れて行き整腸剤をもらいました。
その後少し良くなったのですが、一か月後、
おなかが緩くなって動物病院へ
いくら環境が変わったからとしても、長い下痢・・・
レントゲンで腫瘍が見つかりました。
うさぎに手術はショックなどもあるから危険といわれ
自然に暮らすこととなりました。
そして、家族になって三か月後、虹の橋を渡しました。
きっと前の飼い主さんは気が付いていたのかもしれません。
6歳で引き取ったので・・・
愛情がたくさんあったはずなのに・・・
悲しい気持ちだけが残りました。
ペットは家族なんです。
大切にしてあげなきゃ・・・

コメントは受け付けていません。

← 戻る